会社の近くに3軒のパチンコ屋さんがあり,日中でもそれなりに車がとまっていて,夕方にも普通の主婦っぽい女性が交換所にいる所をよく見かけます。
最近はレディス台やレディスデーなどもあり,女性の愛好者も増えたのでしょうが,ギャンブル性が高い最近のパチンコでは資金が持つのか心配してくれます。
私も若い時にはパチンコに行ったものですが,当時はチューリップという当たり穴があり,ひとつ入ると3ヶ所のチューリップが開く台が好きでよく楽しんだものです。
あの有名なコメディアンの間寛平さんの歌で開けチューリップというコミックソングがあったほどです。
チューリップは今でもあるのでしょうが,手打だった時代なので自分のペースで打って球を長持ちさせるのも出来ました。
時間が余っている時はあまり出ず,限られた時間の時にはやたら出るなど中々思うようにいかないのもパチンコにはまる部分でしょう。
私は30年近く遠ざかっていますが,毎日数台の同じ車がとまっている近所のパチンコ店を見ると,くれぐれもギャンブル依存症にならないようにと願うばかりです。

夏休みが始まりました。自分が教え子だったところは、夏休みを心待ちにしていたものです。ところがブライダルし小児が出来上がり、女性になったとたん、夏休みの幕開けがが恐怖にさえ感じてしまいます。うちには小学校の男児カップルいらっしゃる。私のいる田園は夏はかなり暑くて、日中は極めて外に出て遊べません。そのため、夏休みインサイドはカップルの小児は住居にいてマッチやTVにあけくれていらっしゃる。近所のお個々も時どきやってきては、暑いからいよいよ家の中で遊ぶのですが、お個々が来るとカップルともテンションがのぼり、常に以上に大声を差し出したり騒いだり、大変です。およそ、もくもくとマッチをやるよりはいいのですが。
遊んでばかりいないで宿題すればいいのに、と思っていても、自分も夏休みの宿題は始業バリエーション前にまとめてやっていたことを思い出すときつくも言えず、一年中マッチやTVを見てダラダラして過ごしているこどもらを見ているのははなはだ緊張が貯まります。夏休みに有意義に過ごさせたいけど、実行するのは難しいです。

もともとは野球に興味はなかったのですが、誘われて行くうちに興味がわいてきて野球を観に行くのが好きになりました。
まだルールはわからないところもありますが、それなりにわかるのでその場の雰囲気を楽しんでいます。
野球場に行くと、女性同士のグループで楽しそうにお菓子などを食べながら観戦している人や、一人で来ているおじさんが選手に対して大声で叫んでいたりしている人もいて、なかなか面白いです。
人間観察しているわけではないのですが、約3時間は同じ席にいて周りの人のこともついつい気になってみてしまっているので色々思うことはあります。
カップルで来ている人も多いし家族連れもいて、野球好きな人って結構いるんだなぁといつも思います。
私は野球自体も楽しいけど、野球場のその雰囲気が好きで野球を観に行っているというのもあります。
その場に行かないとわからない雰囲気があって、テレビでは伝わらないと思います。
だから私はずっと野球が嫌いだったけど、野球場で生で観るということが今の私にとっては大切な時間になっています。銀座カラー 6800円

細胞について実習しました。赤血球をことなる普及圧の溶液に潤すと、等張液中では容量変化が起こりませんが、高張液中では収縮してしまう。逆に、低張液中では膨らんで、ひいては爆発することもあります(溶血)。このことから、細胞膜は半透膜に間近いプロパティをもつことがわかります。動物細胞を破壊したいときは、低張液を扱うこともあります。赤血球インサイドの赤い色素(ヘモグロビン)が溶け出して、溶液が赤く染まります。ナメクジに塩気をふりかけると、塩気がナメクジの粘液に溶けて高濃度の塩水となり、こういう高張の塩水がナメクジの細胞から普及によって水を奪う結果ナメクジは縮んでしまう。多くの多細胞動物の細胞をくるむ体液は、細胞と等張に保たれているので、細胞の委縮や爆発が起こりません。0.9%の食塩水は、哺乳類の体液と概して等張だ。こんな食塩水をメンス食塩水と済む、細胞や体制を活かした通り向き合うときなどに簡便な溶液として使われます。勉強になりました。ミュゼ 足