ボクシングの世界最強を決めるワールドスーパーシリーズが現在行われています。バンタム級の強者がトーナメント戦で最強を決めるのですが、ここに井上尚弥選手が参加しています。初戦の元世界チャンピオン、ファン・カルロス・パヤノ戦に1R70秒完璧なワンツーで見事にKO勝ちを飾りました。しかし井上選手の強さはとびぬけています。ネット上でも強いのはいいがもう少し試合を見ていたいという感想が出てしまうほどの瞬殺具合でした。ボクシング界はアマチュアの問題などもあり非常に危機的な状況ですし、オリンピックの除外問題などもあり、暗いニュースが多い中、井上選手の活躍はひときわ光っています。1階級下のスーパーフライ級でも強すぎたが上に対戦を断られ続けたという話もあるほどで、強者を探して、また減量の問題もあり階級を上げたのですが、階級を上げたことを微塵も感じさせない強さです。ボクシングの専門誌リング誌のパウンドフォーパウンドで現在6位の井上選手ですが、この活躍では順位が上がるのは確実でしょう。現在25歳でもり、これからもっと強くなりそうな感じです。世界最強に向けて突き進んでほしいと思います。http://www.cineclube.org/finjia.html