それほど衝撃的なニュースというのがたびたびあるというのも困りものですが、月に一度くらいはそういうニュースがあったりします。
大規模な災害や猟奇的な殺人事件、あるいや企業の不正や不祥事など、一気に世間を騒がせるようなやつです。
そういうニュースが出た後というのは、こぞってテレビは続報を伝えたがるし、週刊誌はその裏側を探ろうとします。
一気にその事件などに関連する情報が溢れるように出て、ワイドショーなんかでは長い時間を割いてコメンテーターが意見したりします。
しかし、そうしたニュースは衝撃の度合いが大きければ大きいほど、偏った報道が多く出てくるような傾向がある気がします。
見る人の考えや印象を導くように、本当かどうかもわからないような内容を報じたりするニュースがあるような気がします。
私がいつも事件を最初から最後まで見届けているわけではありませんが、なんとなく情報を押し付けられているような印象があります。
でも、詳しいことを伝えなかったり調べなかったり、ぱっと見の印象だけでそうした印象を押し付けられてしまうのは怖いと感じます。
ニュースを疑問も持たずそのまま鵜呑みにしてしまうのは、盲目と同じではないかと思います。

私は以前からトルコに行きたい、いう願望がありました。
理由は勿論、観光がしたいからです。
トルコのイスタンブールにはスルタンアフメットジャミィ、通称ブルーモスクと言われる、世界一綺麗なモスク(礼拝堂)があります。
テレビで観た時になんて素敵な所なんだろうと思い、調べ始めたのがきっかけでした。
ブルーモスクは世界遺産にも認定されていますが、普通モスクに建っている塔は4本なのに、ここでは6本建っています。
これには色々な逸話が残っていて、この塔(ミナレットと呼ばれていますが)の数が当時権力の強さを表していたというのがあり、勢いのあったスルタンアフメットがそう作らせたのではないか、という説。
また、「アルトゥン(黄金)のミナレットを作れ」という命令に対して、設計者が聞き間違えたのか、経費的な問題だったのか、「アルトゥ(6本)のミナレット」を作ったという説があります。
こういった伝説を聞くだけでもミステリアスな感じがして、興味が湧くのではないでしょうか。
他にもカッパドキアやパムッカレなど、日本人に人気な観光名所は多数あります。
私はトルコに行きたい、と言い続けていました。
すると、不思議なことに居酒屋で声をかけてきた人の地元がトルコだったのです…!
この偶然は運命なのではないか、と思い、トルコの魅力について色々と聞かせてもらいました。
料理も世界三大料理というだけあって、美味しいものが揃っているようなので、いつか沢山学んだら行ってみたいと思っています。
沢山の人にトルコの魅力を知ってもらえたら嬉しいです。