2018年Jリーグ最終節について感じること

いよいよ2018年のJリーグも最終節を迎える。今年は、残留争いのレベルが高く例年であれば残留している勝ち点でも残留が確定できないという状況だ。既に降格が決定しているチームは、Vファーレン長崎と柏レイソルだ。Vファーレン長崎は、断トツの最下位候補であったが、簡単には負けないチームであり、しぶとく勝ち点を積み上げてきたことも今年のJリーグをいつも以上の混戦状態を作り出し、盛り上げてくれたチームといえる。柏レイソルは、戦力的にはかなり充実していたが、監督のマネジメントが上手くいかずに戦力を十分に生かし切れなかった印象だ。フロントの迷走ぶりも際立っており、最後までチームの歯車がかみ合わないまま降格してしまった。J2との昇格プレーオフに回る可能性が高いのは、ジュビロ磐田、湘南ベルマーレ、名古屋グランパス、サガン鳥栖の4チームだ。どのチームがプレーオフに回ってもJ2の勢いに乗るチームと対戦した場合、苦戦するであろう。そういった意味でも熱い戦いが最終節に繰り広げられるだろう。キレイモ カウンセリング