溶液のことや月の物食塩水などについて勉強した

細胞について実習しました。赤血球をことなる普及圧の溶液に潤すと、等張液中では容量変化が起こりませんが、高張液中では収縮してしまう。逆に、低張液中では膨らんで、ひいては爆発することもあります(溶血)。このことから、細胞膜は半透膜に間近いプロパティをもつことがわかります。動物細胞を破壊したいときは、低張液を扱うこともあります。赤血球インサイドの赤い色素(ヘモグロビン)が溶け出して、溶液が赤く染まります。ナメクジに塩気をふりかけると、塩気がナメクジの粘液に溶けて高濃度の塩水となり、こういう高張の塩水がナメクジの細胞から普及によって水を奪う結果ナメクジは縮んでしまう。多くの多細胞動物の細胞をくるむ体液は、細胞と等張に保たれているので、細胞の委縮や爆発が起こりません。0.9%の食塩水は、哺乳類の体液と概して等張だ。こんな食塩水をメンス食塩水と済む、細胞や体制を活かした通り向き合うときなどに簡便な溶液として使われます。勉強になりました。ミュゼ 足