海外で手に入る食材で和食にチャレンジしてみた。

海外生活が始まって1ヶ月。
ここの食事ももちろん美味しいけれど、和食が恋しいのは否めない。
ごくごく普通の家庭のカレーライスが食べたい。
ごくごく普通の定食屋の天丼が食べたい。
身近に手に入る食材で和食作りに挑んでみた。

わかめご飯・・・失敗
「日本の米だよ!」とある日家族が胡散臭い米を買ってきた。
見たことのないメーカーだったけど、日本語のパッケージに期待して炊いたけどこれは美味しくない。わかめと一緒に白ごまを入れたものの、こちらのセサミシードは薄っぺらいくせに自己主張が強くてボツ。

肉じゃが・・・まあまあ成功
スーパーでかたまり肉しか売ってなく、どれを買えば良いのか分からず手に取った「炒め物用」を買ったのが間違い。肉じゃがなのに歯ごたえがしっかりしていた。野菜はじゃがいも、にんじん、インゲンを使用。こちらは家庭の味に近づけたかな。白滝があれば最高。

麦茶・・・失敗
大麦をスーパーで買ってきて自分で焙煎したものの、焦げてしまい全然美味しくなさそうな仕上がりに。麦は鳥のエサに。

まだまだ手探りだけどレパートリーを増やしていきたい。これからも冒険は続く。