望まない事柄にぶち当たった時になすべきことは。

人には「限界を決めるな」と言いつつ、いざ自分が望まない事柄に出くわしたとき、「私にはできない」と限界を決めてしまっている。今までなら、何とかやってきて、何とか片付いてきただろう。それは、周りのフォローがあったり、アドバイスがあったりで、聞いても助けてくれ、聞かなくても助けてくれたからである。しかし、今、それらを期待できない状態で、今まで以上にやり遂げる自信が持てない事柄にぶちあたってしまった。
「この場から逃げたい」「この世から存在を消し去りたい」などと思っては、「今、逃げ出したらダメ」「時間がかかってもできるはず」などと思い、マイナス思考とプラス思考の繰り返しをしながら、3か月半、この気持ちの状態を保っている。かなり脳も精神も疲れているのだろう。体力的には、麻痺してるのかもしれないが、倦怠感や疲労感はさほど感じない。ただ、毎月2kgずつ痩せているのは事実。家族の前では心配かけてはいけないので、いつもと同じように食事をするが、やはり不安が取り除けないのか、食事量は減っている。今まで朝ごはんは食べずに出社していたが、朝ごはんは食べるようになったが、昼ごはん、夕ご飯が減っている。
これ以上、体重が激減するとは思わないが、この不安が取り除けるとも思えない。自分が望んだ方向ではない方へどんどん進んでいる。しかし、できないことはない!と思う自分もいるし、絶対ムリ!と思う自分もいる。そして自分のことだけを悩んでいればいいが、老親のこと、会社で任されている今の仕事のことを考えると、なかなか心が定まらない。今までならそんなことはなかった。すぐに、やればできる!という思考になり、どんどん片付けられていた。こんなにも悩むのは、完結する可能性がゼロだからではないだろうか。今までなら、完結・やり遂げる可能性が1%でもあったから、やり遂げられてきた。https://www.sgpph.org/